ニュージーランドへ簡単に中学留学できる?準備から現地での生活までを徹底解説!

このサイトではニュージーランドに中学留学をするときに必要となる専門的な知識と、実際に現地で生活するときの流れなども徹底的に解説していきます。
英語が苦手に感じているような学生でも安心して留学することができる理由も説明するので、親子でチェックしておくと安心感を得られるはずです。
実際に留学をする場合はボーディングスクールとホームステイのどちらかを選ぶことになりますが、どちらを選ぶといいのかも解説します。

ニュージーランドへ簡単に中学留学できる?準備から現地での生活までを徹底解説!

ニュージーランドに中学留学をする人は少なくありませんから、ある程度金銭的に余裕がある家庭であれば簡単に実現することが可能です。
専門的にサポートしてくれる業者が存在するので、そのような業者を利用すればスムーズに中学留学ができます。
場所にもよりますが、基本的に自然が豊かで人口は多くありませんから、快適な空間で生活して勉強することが可能です。
業者のサポートを受ければ英語が話せない中学生でも留学することはできますから、不安になる必要はありません。

ニュージーランドが中学留学に適している理由

これから中学留学をしようと考えている方が多くいると思われます。
英語力を向上させることができますし、リーダーシップなどの人間力も鍛えることができるため、中学の時から海外に出て勉強しようとするのは正しい選択です。
中学留学でおすすめなのは、ニュージーランドになります。
その理由は温暖な気候で過ごしやすく安全性が高いからです。
人気が高い欧米は重大な事件に巻き込まれてしまう可能性があります。
軽い犯罪は生じていますが、命に関わる事件は日本と同じくらいなので安心して生活できるはずです。
また、日本人やアジアからの留学生が多いこともニュージーランドが留学先として最適な理由として挙げられます。
欧米の中にはアジア人に対して差別的な言動をしているところがあるので気をつけるべきです。
どの国の出身でも平等に接してくれることは重要なポイントです。
教育にかなり力を入れているので、中学留学の際は検討してみてください。

中学留学でもニュージーランドなら安全?

子供のうちから海外留学をさせたいと考えている場合、受け入れをしている外国をしっかり選ぶことが重要になります。
アメリカやイギリスに比べて柔軟で温かい留学生の受け入れ体制が整っていること、治安の良さや時差の少なさ、留学生を保護する制度がしっかり整備されている国の1つが「ニュージーランド」であり、中学留学を検討している家庭にとって安心して利用できる外国の1つです。
ニュージーランドに中学留学する上で知っておきたいのが安全性の高さであり、「留学生の生活保障に関する服務規程」が定められています。
この規定は海外の学生を保護するため、加盟者にあらゆる面で適正な措置を講ずることを義務付けており、学生が学問上の目標を達成できるように支援したり、留学をより有意義なものにするために尽力するという目的からなっています。
留学生はこの国の国民ではありませんが、国が留学生を保護する制度や法律を設けるのは非常に稀で、この国の学生への温かで柔軟な受け入れ環境の代表的な例といえます。

ニュージーランドの中学留学は2年間?ニュージーランドの教育制度

ニュージーランドに中学留学したいと考えている場合は、日本とは教育制度に違いがあることを事前に理解しておかないといけません。
日本では6歳から15歳まで義務教育が用意されており、小学校から中学校までスムーズに進学して勉強していくことになります。
ニュージーランドでは5歳から小学校に入学することになり、日本と同じように6年間は小学校で過ごすことになるので、中学校は日本とは異なり2年間しか勉強しないです。
そのため中学留学を検討している場合は、2年間通うことを想定して留学しないといけません。
そして中学卒業後に高校に進学することもできますが、高校の場合は日本と異なり5年間用意されているので、質の高い教育を受けることが可能です。
日本よりも1年早く小学校に通うことになりますが、中学校の時期が短いので高校時代が長くても同じ18歳で高校を卒業することになります。
教育制度に違いがあることを理解していれば、安心して中学留学をすることができるはずです。

いつから中学留学する?ニュージーランドの新学期

ニュージーランドでは海外から広く留学生を受け入れているため、留学の場合も時期を選ばずに入学することが出来ます。
ですが、現地中学校へ本格的な中学留学を目指すなら新学期からの入学を希望する人も多いかもしれません。
その場合、日本とは入学スケジュールが異なるので注意が必要です。
南半球に位置しているニュージーランドは1月下旬から新しい学年がスタートし、12月下旬までの4学期が1年間のスケジュールになっています。
そのため、新学期からの入学を目指すのであれば10月頃には手続きを終えなければなりません。
このスケジュールから逆算すると、学校選びを10月までに終えるためには、その前に情報収集やエージェント選びを行う必要があります。
また、中学留学では学生ビザの取得が必要ですが、これには入学許可書や学費の支払証明書などが必要になるため、申請前にお金を準備して海外送金も行わなければなりません。
よって、中学留学を実現するためには早い時期からの準備が大切であり、概ね1年前には動き始めたいところです。

ニュージーランドへ中学留学させるメリット

これから中学留学をしようと考えている方が多くいるかと思われます。
仕事で使う機会が増えている英語力を向上させることができますし、海外で生活するわけなので積極性やリーダーシップなど人間的にも成長することが可能です。
魅力的に国が多くありますが、ニュージーランドで中学留学することをおすすめします。
メリットの一つでは、治安が優れていて安心して生活できるからです。
欧米は命に関わる重大な事件が発生することが多いですし、日本人留学生が被害者になっているため、安全性を重視している方には合わないです。
何か事件に巻き込まれてしまえば大変なことになるので、ニュージーランドのように安全な国を選ぶことは重要なポイントになります。
2つ目は気さくですぐに仲良くなれることです。
気軽に話しかけてくれるので、友達を作るのに時間がかかりません。
困ったことがあれば助けてくれますし、休日は大自然が楽しめるスポットに連れて行ってもらえます。

ニュージーランドの中学留学でかかってくる費用

中学から海外に出て勉強したいので、中学留学を考えている方が結構いるかと思われます。
高校や大学で留学するのが一般的ですが、英語でコミュニケーションを取れるようになったり、リーダーシップなども身につけたいのであれば早い方がいいため、中学留学をすることは賢明な選択です。
欧米ではなくニュージーランドをおすすめします。
治安がかなり優れており、安全性を重視している日本人に適しているからです。
欧米だと命に関わる事件に日本人留学生が巻き込まれてしまうことがあるので気をつけないといけません。
ニュージーランドの中学留学でかかる1年間の費用は200万円から360万円が相場です。
欧米だと1年間で500万円以上もかかることは普通なので、費用を安く抑えたい方にピッタリの国です。
安いからといって教育のレベルが低いことはないので安心して中学留学ができます。
サポート体制がしっかりしており、困ったことがあれば助けてくれます。

ニュージーランドへ中学留学したら高校はどういう進路を選ぶ?

ニュージーランドに中学留学すると中学生の段階から英語に慣れることができますから、その後の人生に大きな影響を与えてくれるはずです。
中学留学をした場合は高校の進路などが気になるかもしれませんが、そのまま高校留学をしてもいいかもしれません。
当然ながら日本に戻って高校に入学するようなこともできますから、各家庭で自由に決めていくことが可能です。
またニュージーランド以外の国に高校留学するようなこともできますから、いろいろな選択肢が用意されています。
留学を続けたい場合は、それ相応の費用を負担しないといけませんから、ある程度は金銭的に余裕がある家庭でないと厳しいです。
専門的にサポートしてくれる業者が存在するので、そのような業者と最初に話し合いをしておくのが大切になります。
中学留学が終わった後についてもどのようにすればいいのか相談できるので、基本的には親子で不安を解消した状態で留学することができるはずです。

中学留学におすすめのニュージーランドの都市

中学留学にニュージーランドは非常に向いているとされていますが、その中でもどこの都市を選べば良いのか悩んでしまう人は多いかもしれません。
中学留学においてニュージーランドでお勧めの都市としては、まず第一にオークランドが挙げられます。
都会的な雰囲気と自然の両方を楽しめる街であり、国最大の街に当たります。
語学学校や専門学校の数も多いです。
様々な国からの移民も多いので、様々な文化を知ることができ、留学生にとっても住みやすい環境が整っているといえます。
そしてウエリントンもオススメの1つと言えるでしょう。
芸術や文化も栄える政治の中心地でもあり、世界一魅力的な首都にも選ばれました。
首都でありながらも人口40万人ほどの小さな街に当たります。
3つ目がクイーンズタウンと呼ばれる南島の南部にある湖の北岩に面している小さな街です。
山と湖に囲まれた美しいリゾート地であり、ハイキングや川下、バンジージャンプなどのアウトドアが好きな人には特にオススメと言えるでしょう。

ニュージーランドに中学留学する時の条件は?

ニュージーランドは中学留学の就学先としても人気です。
環境がよく比較的犯罪も少ないこともあって低年齢児の学校探しをする親世代が注目しているのですね。
中学留学をするための条件は、学生ビザの申請と取得、あるいはビジタービザで短期間の留学を計画するかどちらかです。
3か月以内の短期間の学習が目的ならば、申請の必要がないビジタービザでも滞在することができます。
期間は短くても集中して英会話などのスクーリングを受けられるプランもありますから、希望に合う学校を探してみましょう。
本格的な学識習得目的での留学ならば、中学生では難しいかもしれませんが学生ビザを申請しましょう。
逆に言うと、一定期間の学校での講義参加を目指すなら中学生といえど学生ビザを持っていなくては行けないのです。
一方で、受け入れの条件は比較的易しめです。
英会話がほとんどできないというレベルなら、基礎英会話からカリキュラムを組でくれるコースもあります。
日本の高校入試のためのステップアップ目的としても、大きなメリットを期待できるでしょう。

中学留学に関する情報サイト
中学留学を徹底解説!

このサイトではニュージーランドに中学留学をするときに必要となる専門的な知識と、実際に現地で生活するときの流れなども徹底的に解説していきます。英語が苦手に感じているような学生でも安心して留学することができる理由も説明するので、親子でチェックしておくと安心感を得られるはずです。実際に留学をする場合はボーディングスクールとホームステイのどちらかを選ぶことになりますが、どちらを選ぶといいのかも解説します。

Search